|-お尻・下半身

美尻の作り方決定版!|
自己流尻トレを始める前に読んで欲しい尻トレ教科書
~基礎編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インスタグラムなどでよく見かける、外国人のようなキュッと上がったまあるいキレイな形のお尻。女性の憧れですよね♡

ここ数年、ジムでお尻のトレーニングをしている女性を沢山見かけるようになりました。
美尻ブームはまだまだ冷める気配はありませんね!

でも、自己流でトレーニングをしているせいか、半年・1年とトレーニングを続けていてもあまり変わりばえしない方も多くいらっしゃいます。

むしろ私が見ている限りでは、自己流トレーニングでお尻にいい具合に筋肉をつけてボディメイクに成功している人の方が少ないかも・・。

今日は、自己流筋トレでなかなか美尻が作れない理由とその原因を解決する方法について書きますね!

姿勢が悪い

お尻が垂れて見える原因ナンバーワンはずばりこれです。猫背で骨盤が後傾しているとどんな人でもお尻は垂れて見えてしまいます。

さらに、骨盤が後傾すると運動連鎖でO脚にもなりやすいです。

猫背、垂れ尻、O脚・・・こんな状態でいくら筋トレしたって、お尻は上がらないし、スタイルが良くなる訳がないですよね?

姿勢と重心の位置を改善するだけでもお尻が上がって見えますので、垂れたお尻が気になる方はまずはここから改善しましょう。

↓下のリンクからインスタグラムへ。垂れ尻姿勢の改善方法の1例を見ていただけます↓

垂れ尻|原因は姿勢かも

股関節が硬い

お尻の筋肉は股関節の伸展(脚を後ろへ持ち上げる動き・・サッカーでボールを蹴る時に脚を後ろへ振り上げますよね、その動きです)、外転(外に脚を開く動き)などで使われます。

特に、股関節の前側の筋肉の硬さで伸展の動きが出にくい方が多くいらっしゃいます。この股関節の伸展は歩くときにも使われないといけないのですが、そういう方はお尻の筋肉を使う代わりにふくらはぎの筋肉を使ったり、体幹部を反らせたりしています。

普段からお尻の筋肉が使えていないのに、負荷をかけた筋トレで上手に使えるはずがありません。

股関節が硬い方は、しっかりとストレッチして可動域を出しお尻の筋肉をまずは普段からちゃんと使えるようになりましょう。

↓下のリンクからインスタグラムへ。股関節の前側を伸ばし、後ろ側の筋肉(お尻や裏もも)を使うトレーニングをご紹介しています。(タイトルはししゃも足になっていますが、同じ要領で大丈夫です)↓

ししゃも足|原因は歩き方

股関節のはまりが悪い

股関節は骨盤の凹みに太ももの骨(大腿骨)がはまり込む、という構造で成り立っています。
のはまり込みが甘いと脚を外に捻じったり、開いたりという動きがやりにくくなってしまいます。


脚を外に開いたり、捻じったりという動きはお尻の筋肉が主役。この動きが苦手だとお尻トレーニングの効率が大幅ダウン。

また、股関節のはまりの悪さはO脚やX脚を作り、ひざ痛の原因にもなってしまいます。

まずは股関節をほぐし、しっかりとはめこんであげましょう。

↓下のリンクからインスタグラムへ。股関節のはまりを良くするエクササイズをご紹介しています↓

尻トレ|しっかり効かせたい人へ

いかがでしたか?

今日ご紹介したエクササイズなどは筋トレでキレイな体を作るための下地作りになります。
しっかりとお尻の筋肉を使える状態にしてから筋トレを行うことで今まで以上の効果を実感することができるので、ぜひやってみてくださいね♡


このブログを書いたのは

女性専門ボディメイクトレーナー
柳田純江

1977年生まれ現在44歳。
茅ヶ崎・辻堂など湘南エリア30代以上の女性専門パーソナルジム「Sunny Side Gym」代表。

コンセプトやプロフィールをもっと見る☞
Sunny Side Gym料金表はこちらから☞ 

パーソナルトレーニング体験のお申し込みやお問い合わせは下のバナーからどうぞ。
今ならお得な、茅ケ崎・辻堂・藤沢・鎌倉など湘南エリアの方限定のご近所割引も!

メールで24h受付中 簡単入力今すぐお得な体験を申し込む
LINEで24h受付中 簡単入力今すぐお得な体験を申し込む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

       
LINE お気軽にお問い合せください