|-お尻・下半身

ふくらはぎ痩せるには?その①筋肉編|姿勢や歩き方を変えてししゃも足卒業後!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女性のスタイルのお悩みの中でも多いのが下半身痩せ。特にふくらはぎは体重を落とす食事制限のダイエットや自己流の運動では細くするのが難しい部分ですよね

この記事ではそんな、自己流ダイエットだけでは理想の形にするのが難しいふくらはぎ痩せについて書いていきたいと思います。

ふくらはぎが太くなる理由

ふくらはぎが太くなる理由は様々ですが、ほとんどの場合は下記の4つにあてはまるのではないでしょうか。

人によっては2つ以上の原因を重なって持っている方もいらっしゃいます。

脂肪のつきすぎ

まず1つ目は肥満気味で皮下脂肪のつきすぎているタイプ。このタイプの方は全身がぽっちゃりとしていて体脂肪率も高めです。

食事制限のダイエットをすれば他の場所の脂肪と一緒にふくらはぎの脂肪も少しずつ落ちてきて、徐々に細くなってきます。

脂肪がある程度落ちてくると筋肉の形や骨格などが見えてきますので、そこから形をと整えていくと良いですよ!

むくみ

二つ目はむくみ。デスクワークで一日中座りっぱなしだったり、反対に立ち仕事の方や運動不足の方などに多いです。

また、体質的に浮腫みやすい方もいらっしゃいます。

できるだけこまめに体を動かす、適度な運動やマッサージなどのセルフケア、塩分の多い食事に気をつける、などが解決策です。

骨格の歪み

膝下O脚と呼ばれる脚の形が当てはまります。

脚を揃えて立った時に、両脚のふくらはぎがくっつかない立ち方になってしまうタイプの脚の形です。

太い、というよりもふくらはぎが外側へ張り出すような形になっていて結果的に太く見えるてしまいます。

この膝下O脚については次回の記事で書きますので、気になる方はそちらをご覧ください。

筋肉のつきすぎ

さて、こちらがこの記事の本題。筋肉がつきすぎてふくらはぎが太くなってしまうパターン。

特定のスポーツなどで太くなるケースもありますが、特に激しいスポーツをしていないのにふくらはぎがカチカチに筋肉が太りをしているのなら、姿勢や歩き方など、普段の体の使い方に問題がある方が多いです。

体重を落とす食事制限ではこのカチカチ筋肉を落とすことは難しく、姿勢や歩き方を直していく必要があります。

ここからは、ふくらはぎの筋肉太りについて詳しく見ていきましょう。

カチカチふくらはぎを作る姿勢

ふくらはぎにカチカチの筋肉がついてしまういやすいのは、「反り腰」、「スウェイバック」と言われる姿勢です。

どちらもよく見かける姿勢ではないでしょうか。

この二つの姿勢、どちらも重心が前に落ちやすく、立っている時は体が前に倒れないように常にふくらはぎの筋肉が頑張って体を支えているのです。

ふくらはぎの筋肉には常に負荷がかかっているので、発達して筋肉がどんどん太くなってしまうのです。

姿勢を改善するには、部位別のストレッチやトレーニングが必要ですが、姿勢が崩れてしまう大きな原因はコアと呼ばれる体幹の芯の部分に力が入らない事ですので、ここではコアを強化するトレーニングの一例を紹介したインスタのリンクを貼っておきます。

コアトレーニングの一例

また、姿勢が崩れてしまっている方は歩き方も良くない場合がほとんどなので、次章の「ふくらはぎが太くなる歩き方」も参考にしてくださいね!

ふくらはぎが太くなりやすい歩き方

たかが歩行で?と思われるかもしれませんが、少なく見積もってみても1日に2,000歩あるいているとすると年間73万歩、そう見ると歩き方が体に与える影響は実はとても大きいものになるのです。

歩行は本来、股関節周辺の筋肉をダイナミックに使います。

ですが、姿勢の崩れなどにより股関節周辺の筋肉が硬くなったりしてしまうと、その代償として太ももやふくらはぎの筋肉が使われてしまいます。

ふくらはぎが太くなる歩き方の特徴は

・小股のちょこちょこ歩き
・足首を使って足部をこねるような歩き方
・足裏全体で着地するドスドス歩き
・爪先歩き

などがあります。

歩き方のポイント

ここでは、一人づつ歩き方を見る事ができないので簡単な歩き方のポイントだけお伝えしたいと思います。

正しく歩行動作ができるようになると脚の形が綺麗になるだけではなく、膝痛などの予防にもなります。

綺麗な脚の形を作るための歩き方のポイント
・踵から着地する
・踵→母趾球→爪先の順に荷重していく
・できるだけ大股で歩く
・お腹(コア)の力は常に抜かない

すぐに効果が出るわけではないですが、特に難しい事ではありませんので、ふくらはぎの形が気になる方はぜひやってみて下さいね!

また、歩き方を改善していくには股関節の可動域も必要です。
股関節周りが硬くなってしまっている人はストレッチも合わせてやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

       
LINE お気軽にお問い合せください